輸入関税支払いを銀行引き落としにする(リアルタイム口座)

輸入関税支払いを銀行引き落としにする方法について解説します
ここでは、輸入関税支払いを銀行引き落としにする方法について解説します。

<関税を到着時支払いにするデメリット>

まとめ便などを使用して、商品を海外から輸入する場合、到着時に関税の支払いをすることが多くなります。

この場合、いくつかのデメリットが発生します。

 

1.発送作業担当者に直送する場合の手続きの煩雑化

海外から発送した荷物を、発送担当に送付する場合、関税の支払いを荷受けの担当者にお願いする必要があります。支払確認書の管理や、金銭のやり取りなど、担当スタッフとのやり取りが必要になります。請求ミスなども発生する可能性があります。

 

2.FBAなどの倉庫納入がしにくい

発送をAmazonなど業者管理の倉庫にする場合、海外からの直接納入ができなくなります。Amazonなどが関税を立替えることは、原則としてありません。

 

解決方法

これらの問題を解決する方法は、2つあります。

 

1.クレジットカード決済

DHLなどの国際宅配便業者では、輸入関税支払のクレジットカード決済をオンラインで可能です。

ただし、受取時は現金決済のみであることが多いため、事前にオンラインで決済しておく必要があります。

しかし、追跡番号が発行されてから、荷物が到着する“前日”までに決済を完了しないと、現金決済になってしまうことがあります。

そのため、「タイミング」に常に気を遣う必要があります。

現実的に、これを完璧にこなすことは難しいでしょう。

(DHLのクレジットカード決済は「0120-39-2580」にご連絡下さい)

 

2.銀行引き落とし(リアルタイム口座)

「JASTPRO(一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会)」が発行する「日本輸出入者標準コード(通称: JASTPROコード)(以下、輸出入者コード)」を取得し、「NACCS(輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社)」にその輸入者コードや銀行口座を登録することで、「関税が全自動で銀行引き落とし」されるようになります。

そこで、今回は本格的に輸入ビジネスを行える、「銀行引き落とし」について実施方法を解説します。

全体的な流れは、以下の通りです。

 

全体的な流れ

1.銀行口座・役所等で発行する書類の準備

2.JASTPRO申請

3.NACCS申請

4.輸入業者(DHL等)へ連絡

全体の流れを完了させるためには、およそ1ヶ月前後は必要ですので、余裕を持って動くようにしましょう。

以下に、1つずつ説明します。

 

1.銀行口座・役所等で発行する書類の準備

輸出入関税を引き落とすために、指定できる対象となる銀行は決まっています。

対象の銀行の口座を所有していない場合、すみやかに口座開設の手続きを行ってください。

これらはNACCS申請の際に、必要となります。

対象となる銀行一覧

対象となる信用金庫一覧

次に、必要となる書類を用意します。

これらは、JASTPRO申請の際に同封します。

なお、法人と個人事業主では、必要な書類は異なります。

 

2.JASTPRO申請・JASTPROコードの取得

JASTPROにて、輸出入者コードの発行を行います。必要な手続きは、以下の通りです。

・JASTPROへ新規登録
・本登録
・指定口座へ入金

それぞれ、解説をします。

JASTPROへの新規登録

法人の場合は法人の「印鑑証明書(6ヶ月以内)」、個人の場合は「住民票」、また担当者の「本人確認書類」をご用意下さい。それらはPDFかJPGなどの形式に保存しておきましょう。

詳細は以下のページからご確認いただけます。
初回申請の場合は、新規登録申込を行って下さい。

 

 

法人と個人で記載内容が異なるようです。会社区分を入力してメールアドレスを入力します(今回は法人の内容で記載しています)。

 

メールを確認すように求められます。確認してクリックしてください。

 

 

クリックをすると本登録の画面に推移します。入力していきましょう。

まずは、申込み手続きをする方ご自身の情報を入力します。

登録内容各種を入力しましょう(以下は法人登録用の画面です)。

 

支払い明細です。「お支払い口座情報の表示」をクリックします。

振り込み明細が出てきます。その場で振り込めない場合は記録しておくか、もしくは別途メールでもこの画面のURLが送られてくるので、ご安心ください。

 

こちらがメールの画面です。

 

申請書類が受理されて、手続きが完了すると、「標準コード登録通知書」というものが届きます。

次の「NACCS」申請に必要な情報が記載されています。

この書類が到着次第、次のステップに進みましょう。

 

3.NACCS申請

「標準コード登録通知書」が届いたら、「NACCS」にある「リアルタイム口座振替」というものへの申請を行います。

次にサイトに移動します。

ちなみに「リアルタイム口座振替」という名称の意味については、分かりにくい点がありますが、気にしないで大丈夫です。

関税が自動で引き落とされる銀行口座を登録しておくもの、という風に考えてください。

リアルタイム口座
https://bbs.naccscenter.com/naccs/dfw/web/tetsuduki/realtime/index.html

上記サイトの「申込方法」にある、「申込用紙」(EXCEL版・PDF版)をダウンロードして、必要事項をご入力ください。

1枚目はNACCS用、2枚目は指定した銀行用です。

3枚目は「控え」です。3枚目は記入する必要はありません(そもそもで送付しません)。

控えとして、1枚目と2枚目をコピー(スマホで撮影でOK)しておくと良いです。

※「コード」にJASTPROで得た輸出入者コードを記入し、「輸出入者コード」を選択してください。

1枚目のNACCS用と2枚目の銀行用を上記サイトの「書類送付先」に送付します。

4.輸入業者(DHL等)へ連絡

NACCSにてリアルタイム口座の登録が完了すると、登録完了通知が届きます。

この時点では、まだ関税の銀行引き落としは適用されません。

この通知をもとに、輸入代行業者に連絡を行って、通関作業の際に適用してもらうようにします。

国際宅配便業者(DHLなど)に連絡をして、リアルタイム口座を利用して、関税の支払いを行ってもらうように伝えましょう。

以下のメールは、実際にDHLに申請を行った際に、DHLから頂いたメールです(法人仕様です)。

会社名(個人事業主名)や引き落し口座番号や銀行名、お届け先住所などは、JASTPROやNACCSに提出した書類の通りに記載するようにしましょう。

数日以内(早いと当日)に、DHLから手続き完了のメールが届きます。これですべての登録作業が完了です。

 

【実際の利用に際して】

実際の利用において、不明になりそうな点について、若干の補足をします。

 

■輸出入における、発送伝票に「輸出入者コード」などは記載する必要はあるのか?

ありません。ただし、宛名(法人名・個人事業主名)や宛先(住所)が一致している必要があります。

宛名や宛先に基づいて、照合されるので、正確な記入をしましょう。

 

■輸入にて、複数箇所で受け取ることは可能か?

可能です。

複数箇所でも受け取りが可能です。

DHLの申請時に、お届け先住所に、該当する住所をすべて記載して下さい。

 

■立替納税手数料について

リアルタイム口座を利用することにより、関税(輸入関税と輸入内国消費税等)以外に必要だった、「立替納税手数料」が不要になります。

以下のDHLの場合、1回あたり1000円(税抜)で必要ですので、度重なる利用で、大きなコストになります。

リアルタイム口座利用の最大のメリットの1つは、これが不要になることです。(青い部分が不要になります)